マックスバリュ中部の松阪牛(松坂牛)

お買い物の流れお支払い方法送料・お届けギフト包装について

買い物かご

三重のブランド 松阪牛(松阪肉)とは?

三重のブランド松阪牛

松阪牛(松阪肉)とは、生後12ヶ月齢までに以下の図の松阪牛生産区域に導入され、松阪牛固体識別管理システムに登録された黒毛和種、未経産の雌牛で、肥育期間が生産区域でのみ丹精込めて肥育され、最長であって最終であることなどのシステムの条件を満たし出荷されたものと定められています。
また、松阪牛の中でも、兵庫県産の子牛を松阪牛生産地域で900日以上の長期にわたって肥育した牛については「特産」と呼ばれています。

三重のブランド松阪牛
松阪牛飼育地域

※松阪牛生産区域
松阪市を中心とした2004年(平成16年)11月1日現在の旧22市町村に、旧松阪肉牛生産者の会会員を含みます。市町村合併により、松阪牛生産地域に含まれない町村と合併した所もあるため、混乱を避ける意味でこのように表示しています。 【平成16年11月1日現在の旧22市町村名】 津市、久居市、白山町、一志町、嬉野町、香良洲町、三雲町、 美杉村、松阪市、明和町、小俣町、飯高町、飯南町、多気町、勢和町、玉城町、御薗村、伊勢市、宮川村、大台町、大宮町、度会町

選ばれたものだけが名乗れる「特産」

品質規格「特産 」について…対象地域(三重県内旧22市町村)で900日以上肥育された兵庫県産の対象牛については、枝肉の格付けに関係なく「特産」となります。

独特の育て方がおいしい松阪牛を育みます

テレビなどで「ビールや焼酎」を牛に飲ませる姿をご覧になられた事はありませんか。これは食欲増進のために、飲ませているそうです。また、皮下脂肪を均一にするためや血行を良くするために1頭1頭マッサージを行っている肥育農家の方もいらっしゃいます。

マックスバリュは安心・安全をお届けします。

松阪牛の厳しい管理システム

個別識別番号

マックスバリュ中部の松阪牛には、すべて個体識別番号が付いています。商品には個体識別番号が明示された松阪牛シールが添付されています。個体識別番号とは、子牛が生まれた産地の農業協同組合などが、当該の子牛に付ける識別番号です。この番号は子牛が松阪牛肥育対象地域に導入した際に、三重県松阪食肉公社が管理する「松阪牛個体識別管理システム」に登録され、お客様の手元に届くまでずっと同じ番号を使用し、間違いなく松阪牛であることを証明する仕組みとなっています。(トレーサビリティ)登録時には、三重県松阪食肉公社職員が、牛の個体確認(10桁の個体識別番号及び子牛登記証明書などの個体証明書での確認)や給餌飼料の内容確認、牛や肥育者の写真撮影などを行ないます。さらに、肥育中も年に数回、牛の現状を確認し、厳重な管理が行われます。

牛の鼻紋

松阪牛証明書

牛それぞれに名前が付けられ、鼻紋(びもん)と呼ばれる、人間で言う指紋のような鼻の頭を写し取った『子牛登記証明書』を子牛が生まれた地域の農業協同組 合などが作成しています。これには親子4代に渡っての記録や検査委員、人工授精師の名前など、様々な情報が書かれた言わば牛の戸籍であり、マックスバリュ中部はこのサイトでお買上げ頂いた商品をお送りする際、『子牛登記証明書』に生産者の方の写真などを添えた『松阪牛証明書』を商品に同封しております。流通販売時には松阪牛個体識別管理システムにより 「松阪牛証明書」「松阪牛シール」が発行され、消費者の方々はその情報をインターネットや携帯電話で確認できます。

松阪牛の等級

松阪牛シール

日本格付協会にて格付技術研修会を受講された、格付職員の皆様方が判定した、歩留まり等級A〜C、肉質等級5〜1を組み合わせた15ランクの品質基準で表現されています。お買上げいただいた松阪牛の規格等級は、右のような松阪牛シールに明記させていただいております。

マックスバリュの流通システム

流通をスリム化することで、高品質&低価格を実現しています。

Copyright (c) MAXVALU CHUBU CO., LTD. All Rights Reserved.

イオンホームページ |  
木を植えています

私たちはイオンです